児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「児童買春・児童ポルノ禁止法」に関し、見たり聞いたりしたことがあれば、警察本部少年課、又は各警察署にご連絡ください。

「法律変わってるのを知らないんですか?」って連絡しておいてください。

http://www.pref.miyazaki.jp/police/invest/jidou.htm
違反となる主な行為         罰則(懲役・罰金)
児童買春をすること 3年以下の懲役又は100万円以下の罰金
児童買春を周旋・勧誘すること
(業として行うこと) 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
(5年以下の懲役又は500万円以下の罰金)
児童ポルノを頒布・販売等すること 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金
児童買春等の目的で児童を売買すること 1年以上10年以下の懲役