児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ・児童買春の弁護方針

とやかく言われながら、奥村弁護士は弁護方針を公開しています。
http://www.okumura-tanaka-law.com/www/okumura/child/bunken.htm
http://www.okumura-tanaka-law.com/www/okumura/child/arrested-childporn.htm
http://www.okumura-tanaka-law.com/www/okumura/child/arrested-kaisyun.htm

 児童ポルノ・児童買春二十数件の弁護経験からいって、児童ポルノ罪も性犯罪だから、被害救済を尽くすということです。
 ベテラン弁護士ほど、こういう当たり前の話がわからないから公開しています。
 とにかく謝ることから始まる。
 名前が分からなくても、写真に謝る、ビデオに謝る。(゜)(。。)ペコッ(゜)(。。)ペコッ

 で、奥村弁護士は性犯罪弁護が進んでやるのかというと、嫌いです。仕事だからやっています。