児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

被疑者ノート

 一冊いかがですか?
 不慣れな当番弁護士の解説より充実していると思います。
http://www.nichibenren.or.jp/jp/soudan/taiho/higishanote.html
http://www.nichibenren.or.jp/jp/soudan/taiho/data/higishanote.pdf
被疑者ノート(取調べの記録)の活用について
この度、日弁連刑事弁護センター、取調べの可視化実現ワーキンググループおよび接見交通権確立実行委員会より各弁護士会に、被疑者ノートの活用を呼びかけるよう要望がなされ、当連合会は理事会の議を経て、これに取り組むことにしました。
 
今般の刑事司法改革の一連の流れの中で、「被疑者取調べの可視化」の実現、すなわち、捜査機関に取調全過程のテープ録画・録音を義務づける法制度を確立することは、最優先課題のひとつです。当連合会は現在、被疑者・被告人の人権擁護、冤罪の防止のため、被疑者取調べ可視化の実現が必要不可欠であるとの認識に立って、総力を挙げてその実現に向けて活動を展開しています。
 
そこで、実現に至るまでの間、各弁護士が日々の刑事弁護の中で、被疑者取調べの可視化に向けた活動を行い、制度化を推進することを企図しました。

弁護士の皆さまにおいては、それぞれの弁護において、被疑者ノートをこのHPからダウンロードして広く活用し、可視化に向けた活動を行っていただきますようお願いいたします。