児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

性犯罪民事

無断で性行為の様子などをビデオで撮影したと主張した事件で、人格権に基づく妨害排除請求権及び妨害予防請求権に基づき,本件各ビデオの引渡しを請求することができると判示した事例(宮崎地裁H28.3.28)

損害賠償請求事件(本訴、反訴) 宮崎地方裁判所判決平成28年3月28日 【掲載誌】 LLI/DB 判例秘書登載 主 文 1 原告の本訴請求を棄却する。 2 原告は,被告に対し,100万円及びこれに対する平成24年2月17日から支払済みまで年5分の割…

福祉犯罪の被害弁償につき、請求額1000万円のところ、250万円で示談した事例

裁判例によれば、民事訴訟になれば認容額100万円くらいになるような事案でしたが、被害者に状況をよく聞くと、代理人に着手金を約100万円払っているということなので、そういうのを含めて交通費とか日当とかの諸経費を積算して250万円で示談しました。被害者…

「マッサージしていたが,右手を原告の背に当てた状態で,原告のシャツの胸元から左手を差し込み,ブラジャーの中に左手を入れ,原告の右乳房を直接触った。」という市職員のわいせつ行為により33万円が認容された事例(津地裁H29.8.10) 訴額は多分220万円

訴額と認容額が記事によってまちまちです。 判決取り寄せたところでは、訴額220万円 認容額33万円でした。 弁護士費用はまかなえるのか 判決書 平成29年8月10日判決言渡同日原本領収裁判所書記官 損害賠償請求事件 口頭弁論終結日平成29年5月29日 裁判所の判…

施設内男児による女児に対するわいせつ行為8回で180万円が認容された事例(訴額は660万円)(津地裁H29.4.27)

判決書は三重県への文書開示で入手可能と思われます。 判決もらってきました 男子生徒本人の責任は、責任無能力で否定しています。 男子生徒の保護者の責任は欠席裁判で、慰謝料160万円(20万×8回)+弁護士費用20万円が認容されています。 被害者の保護者固…

男子児童に対する性交類似行為・名誉毀損の慰謝料として290万円が認容された事例(東京地裁H27.10.15)

東京地裁平成27年10月15日 損害賠償請求事件 同訴訟代理人弁護士 郄橋哲哉 主文 1 被告は,原告に対し,190万円及びこれに対する平成27年6月13日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 2 原告のその余の請求を棄却する。 3 訴訟費用…

強姦慰謝料として300万円を認容した事例(東京地裁H28.10.17)

侵入強姦なので転居費用が認められています。 東京地裁平成28年10月17日 損害賠償請求事件 原告 同訴訟代理人弁護士 柴粼拓己 主文 1 被告は,原告に対し,369万9898円及びこれに対する平成27年7月13日から支払済みまで年5分の割合による金員…

強姦慰謝料として350万円が認容された事例(宮崎地裁H28.7.26)

宮崎地裁平成28年 7月26日 事件名 損害賠償請求事件 主文 1 本件について,宮崎地方裁判所平成27年(損)第2号事件の仮執行宣言付き損害賠償命令を認可する。 2 異議申立て後の訴訟費用は被告の負担とする。 事実及び理由 第1 請求の趣旨 1 本件につ…

17歳への強姦慰謝料として400万円が認容された事例(東京地裁H28.6.7)

欠席判決 東京地裁平成28年 6月 7日 事件名 損害賠償請求事件 同法定代理人親権者父 同訴訟代理人弁護士 安田隆彦 主文 1 被告は、原告に対し、400万円及びこれに対する平成25年3月20日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 2 原告の…

女児両親が豊田市を提訴 教諭による強制わいせつ 訴額600万円

刑事事件は岡崎支部H28.12.20 被告人とは示談とのこと。 女児の裸を撮影 豊田の教諭有罪 地裁支部判決 2016.12.21 中日新聞 【愛知県】女子児童の体をデジタルカメラで撮影したとして、強制わいせつなどの罪に問われた被告の判決公判が二十日、名古屋地裁岡…

被害者から刑事損害賠償命令の申立があって、それに応じて支払ったら減軽された事例

刑事損害賠償命令の認容額って、原審で提示された示談金額と同等とか以下だったりします。被害者側(代理人)に相場観がないので、示談に至らなかった感じです。 示談交渉時点より下がることもあるし、受け取ると減軽されることを理解しておく必要があります…

師弟関係の強制わいせつ事件(刑事事件では否認・有罪)につき、183万円の慰謝料が認容された事例(奈良地裁葛城支部H28.11.7)

わいせつ行為は2回 学校が110万円支払ったのは控除されています。 http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/edit?date=20990706 奈良地方裁判所葛城支部 平成28年11月07日 愛知県(以下略) 原告 X (旧姓X’) 同訴訟代理人弁護士 安永一郎 同 林慶行 …

原告が,被告の設置管理する市立中学校に在学中,同学年の男子生徒2名からわいせつ事件による被害を受けたところ,このような被害を受けたのは,同校の学校長その他の教員ら(以下「学校長ら」という。)にわいせつ事件の発生を防止するよう努める義務があったにもかかわらず,これを怠ったためであると主張して,被告に対して国家賠償法1条1項に基づき,慰謝料その他の損害金及びこれに対する不法行為の日以降の遅延損害金の各支払を求めた事案につき1審は請求棄却となり控訴審で見舞金20万円で和解した事案(福岡高裁) 訴額3347万07

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00010000-saga-l41 中学生のわいせつ被害、元女子生徒と自治体和解 佐賀 佐賀新聞 11/30(水) 10:39配信 佐賀県西部地区の中学校で2011年、同級生の男子生徒2人から校内でわいせつ被害を受け、心的外傷後ストレス…

原告が元養父から養子縁組継続中に性的虐待を受けたとして、元養父及びこれを黙認していたとして元養母に対し、それぞれ不法行為に基づく損害賠償を求める事案につき慰謝料1000万円を認容した事例(名古屋地裁岡崎支部h13.11.27)

名古屋地方裁判所岡崎支部 平成13年11月27日原告 同法定代理人親権者母 同訴訟代理人弁護士 安藤雅範 同 岩城正光 同 杉浦宇子 同 高橋直紹 同 多田元 被告 被告 主文 1 被告らは原告に対し、連帯して、金1000万円及びこれに対する被告においては…

師弟関係の児童淫行罪につき、被害児童代理人弁護士が、奥村が集めて公開している損害賠償認容事例を示して交渉したら、裁判例レベルで和解できたらしい。

加害者 ホントにそんな判決あるのかよ ↓ 被害者代理人 奥村弁護士が公開している ↓ 加害者 ホントかよ 判決書見せろよ ↓ 被害者代理人 奥村弁護士に頼んでみる ということで、被害者代理人は自分で判決探しに行かないで、奥村に「判決書下さい」と言ってきた…

16歳の援助交際で妊娠中絶した事案(訴額600万円)で被害児童の慰謝料として150万円を認容した事例(東京地裁h25.12.19)

主文 1 被告は,原告に対し,189万1629円及びこれに対する平成25年1月25日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 2 原告のその余の請求を棄却する。 3 訴訟費用は,これを3分し,その1を被告の負担とし,その余を原告の負担と…

幼少期に叔父から性的虐待行為を受けたことにより精神障害を発症したことを理由とする損害賠償請求権について民法724条後段所定の除斥期間が経過していないとされた事例(札幌高裁h26.9.25 最決h27.7.8)

同様の相談は、下記の被上告人訴訟代理人弁護士に連絡して下さい。 最高裁判所第二小法廷平成27年(オ)第136号,平成27年(受)第173号 平成27年7月8日決定 決 定上告人兼申立人 ■■■■ 同訴訟代理人弁護士 青木一志 被上告人兼相手方 ■■■■ 同…

刑事事件が確定してしまうと「弁護人」ではなく「元弁護人」になりますので、被害者から当職宛に請求されても法的効果はありません。

刑事事件係属中なら、弁護人として権限もって弁償とか示談のお話し合いができたんですけど。 控訴上告していた事件だと、「元被告人」の所在も連絡先もわからないことがあります。

生徒との淫行による懲戒処分の取消請求が認容された事例(福島地裁H28.6.7)

詳しくは書けませんが、S61ころからの2年以上の淫行について、生徒の母と50万円で和解して、さらにH19には生徒から教員の妻に対して1000万円請求し、H24には生徒の母から教員に対して1000万円請求して、弁護士から消滅時効を援用する回答を受け、懲戒免職の…

青少年条例では「被害者」となるが、淫行者の配偶者に対する不法行為の関係では「加害者」となりうるらしい

児童ポルノ・児童買春でも同じ結果になりますね。 不倫になる場合に主張してみよう。 最高裁判所判例解説刑事篇 昭和60年度201頁 福岡県青少年保護育成条例違反被告事件昭和60年10月23日 高橋省吾 前掲各裁判例が説示するように、刑法の強姦罪等…

公然と性行為した事件で被害者に175万円を支払った事例

民事訴訟で約2年 元大阪府警巡査長の海水浴場でわいせつ事件、和解…女性に謝罪し175万円支払う http://www.sankei.com/west/news/160520/wst1605200048-n1.html 大阪府貝塚市の海水浴場で一方的に性行為を強いられたとして、府内の女性が大阪府警布施署…

生徒によるわいせつ行為につき学校の責任否定した事例(佐賀地裁h28.3.25)

提訴は武雄支部という報道でした わいせつ被害PTSD賠償 学校予見可能性なし 佐賀地裁、女子生徒側の請求棄却 2016.03.26 佐賀新聞 佐賀県西部地区の中学校で2011年、同級生の男子生徒2人から校内でわいせつ被害を受け、心的外傷後ストレス障害(P…

15歳に対する強制わいせつ致死事件について、3883万6999円を認容した事例(津地裁刑事部H27.6.5)

訴額は5056万8843円 犯罪被害者等給付金が控除されています 刑事損害賠償命令事件 津地方裁判所平成27年(損)第1号 平成27年6月5日刑事部決定 (基本となる刑事事件・平成26年(わ)第98号(強制わいせつ致死被告事件)) 審理終結の日 …

病院に勤務していた医師である被告Y1が診察を装って原告にわいせつ行為を行った場合につき280万円を認容した事例(東京地裁H27.8.28)

内容証明で300万請求 訴額は586万円。 東京地方裁判所判決/平成27年8月28日 主 文 1 被告らは,原告に対し,連帯して280万円及びこれに対する平成23年3月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。 2 原告のその余の請求を棄却す…

犯罪賠償支払い2%以下 弁護士ら調査 命令制度導入後も低調

一般の民事事件の給付判決と同様に、履行確保策がないことは、最初から分かっていました。 福祉犯には適用されません。強制わいせつ罪と児童ポルノ製造罪を併合罪だとしてしまうと、製造行為については、刑事損害賠償命令の適用外になります。 犯罪賠償支払…

淫行(青少年条例違反)の民事訴訟の認容額

淫行だけでは具体的な権利侵害がないので、具体的な権利侵害(承諾が無い、性病、妊娠中絶)が立証されて、この程度の認容額です。 訴額330万 認容額55万(1回) 訴額250万 認容額120万(4回) 訴額300万 認容額50万(10回) 訴額300…

18歳未満に対する淫行の損害賠償請求事案につき、「成人男性は,18歳未満の女子に対しては,同人が同意しているか否かにかかわらず,もっぱら自らの性的欲求を満たす目的で淫行等に及んではならない義務を負っている」と判示したもの(大阪地裁民事)

暴行脅迫はない淫行の事案です。 大阪府とか長野県であれば違う結果になると思います。 大阪地裁H26 そして,本件各淫行等は,A県及びB県の各条例の違反した犯罪行為であると認められるところ,その一方で,本件各淫行等のような,明確な拒否的態度を示し…

児童・青少年との淫行について高額の慰謝料を求められたときの反論

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20140823の再掲 淫行=権利侵害と勘違いされている弁護士がいるようなので、ちょっとまとめておきます。 素人ならともかく、弁護士かついたからといって、1回300万にはなりません。弁護士費用に見合うように慰謝料額…

青少年条例違反の被害青少年が弁護士に依頼して民事訴訟した場合の収支

青少年条例違反の場合、裁判所の認容額は1回5〜30万円です(高知地裁、大阪地裁、高松高裁) 弁護士に依頼すると、着手金・報酬金おのおの最低30万円くらいですから、合計60万円くらいの費用がかかります。 とすると、認容額もそれ以上でないと元が取れませ…

中学生に対する数回の強姦被害を理由にした損害賠償請求事件(訴額300万円弱)で、暴行脅迫を否定した上で、親固有の損害賠償請求権を否定した事例(某地裁H26.11.18)

高知地裁H22.6.18も同旨です。 某地裁H26.11.18 争点2 (原告親に対する不法行為責任の有無)について (1)原告親は,本件事案においては,被害者である原告子の近親者として固有の損害賠償請求権がある旨主張するところ,確かに,原告子が本件各淫行等の被…

13〜17歳の娘との淫行について、保護者が「○○○万円賠償しろ」と請求しつつ、警察に相談した場合のありがちな結果

淫行が親にバレると、親は早晩警察に相談します。ほぼ100%。 「弁償しないと警察沙汰にする」なんて言っているときには、すでに警察に相談しているものです。加害者が青少年条例違反程度だと思っていても、強姦・強制わいせつ罪で告訴されていることもあ…