児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

境界

境界の理論と実務

筆界については「筆界特定制度」があるんですが、そのちょっと前から、裁判所で、筆界と所有権境を争っている事件があります。 複数の長老の証言とか、古地図とか、GHQの航空写真とかを出して、一審で勝訴しても上訴されたりしてなかなか終わらないですね。 …