児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2019-09-25から1日間の記事一覧

「一身上の都合を理由に退職を申し出た際、一連の行為を校長に説明し」懲戒免職

黙って依願退職すれば懲戒免職は回避できますよね。 わいせつ:女子中生に6度、教諭がわいせつ 県教委、懲戒免職 /兵庫 2019.09.25 地方版/兵庫 22頁 (全230字) 県教委は24日、特定の女子生徒にキスするなどのわいせつ行為を計6回したとして、県内の公…