児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2018-05-08から1日間の記事一覧

未成年誘拐の被害者が成人した場合。

誘拐事件の弁護人なので、チェックしておく。 逮捕監禁がないとすると、状態犯説だと、誘拐のときに犯罪は終わっていて、継続犯説だと、成人する時まで犯罪が継続していることになるんだな。 保護法益が分からないときは、「両方だ」と言っておくわけだな。 …

大法廷h29.11.29の英訳

大法廷h29.11.29の英訳 えげつない事件も英語にすれば目立たない。 http://www.courts.go.jp/app/hanrei_en/detail?id=1541 2016 (A) 1731 →Back Date of the judgment (decision) 2017.11.29 Case Number 2016 (A) 1731 Reporter Keishu Vol. 71, No. 9 Tit…