児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-11-25から1日間の記事一覧

子どもの性被害に対する法規制のあり方及び加害者の再犯防止策の充実に関する要書望(長野県 H28.11)

長野県の条例では手段が限定されているので大阪・山口同様に検挙実績はなかなか上がらないと思います。しかしそこを目指してそういう条例を作ったそばから「みだらな性行為」を処罰する国法を作ってくれというのでは、条例の趣旨を否定することになって条例…

2016年11月25日のツイート

@okumuraosaka: すでに高松簡裁に略式起訴され、罰金10万円 125人盗撮「達成感あった」、広島市役所の34歳男性技師を懲免 ネットに触発 - 産経ニュース URL @SankeiNews_WESTさんから2016-11-25 23:03:58 via Twitter Web Client @okumuraosaka: 別の…