児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2016-05-24から1日間の記事一覧

公然と性行為した事件で被害者に175万円を支払った事例

民事訴訟で約2年 元大阪府警巡査長の海水浴場でわいせつ事件、和解…女性に謝罪し175万円支払う http://www.sankei.com/west/news/160520/wst1605200048-n1.html 大阪府貝塚市の海水浴場で一方的に性行為を強いられたとして、府内の女性が大阪府警布施署…

謝礼交際は売春とは違うのか?  弁護士が語る法的問題点

黙示でも対償供与の約束があれば、売春になります。 もっとも、売春罪はなくて、売春婦が処罰されるのは、売春誘引とか勧誘なので、誘引・勧誘を秘密裏に行えば検挙されにくいということです。 売春防止法 第2条(定義) この法律で「売春」とは、対償を受…

2016年05月24日のツイート

@okumuraosaka: 【奥村徹弁護士の回答】捜査状況については、全然判りません。 | URL #弁護士ドットコム2016-05-24 23:28:24 via 弁護士ドットコム @okumuraosaka: 被害児童の表現の自由を問題にした上告は撃沈だったな 13歳の少女に裸画像送らせる 岡山の…