児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2015-06-13から1日間の記事一覧

「児童ポルノ廃棄を」=一斉にネットパトロール―単純所持の罰則前に・警察庁

確かに「単純所持罪」は適用前なので適用できないけれど、ファイル共有していると、公然陳列罪・公然陳列目的所持の容疑でで捜査を受ける。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000033-jij-soci 警察庁は11日、全国の警察が15日から一斉にサイバ…

児童ポルノ画像のキャッシュとか削除した画像の単純所持の問題

ドットコムの回答でも「保管罪」なんてトンチンカンな回答があるので、警察でちょっと聞いてきたので、手堅い解釈を示しておく。 まず、「所持」というのは児童ポルノを、自己の事実上の支配下に置くことです。 キャッシュでも削除済みでも「視覚により認識…

2015年06月13日のツイート

@okumuraosaka: 約10年間、この業者の顧問を務めており、「勝てない」と思っても依頼を断れず、偽造に至ったという。「勝ち目がないと説明すると怒られる。大阪・弁護士:判決文偽造認める 依頼断れず「ついつい」 - 毎日新聞 URL2015-06-13 21:55:51 via T…