児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-12-25から1日間の記事一覧

カカオ代表 警察で事情聴取=児童ポルノ拡散防止せず?

プロバイダの刑事責任 管理者の刑事責任 と言われる論点で、日本でも、どういう根拠で、どういう場合に、どういう責任が生じるのかが一定しません。 児童ポルノをダウンロード販売する奴が検挙される度に、ダウンロード販売サイトの管理者が被疑者として取調…

2014年12月25日のツイート

@okumuraosaka: 筋力が低下する難病の「重症筋無力症」と診断され、翌年、刑の執行が停止されていました。Reading:病気はうそ 刑執行停止を取り消し NHKニュース URL2014-12-25 23:37:36 via Twitter for Websites @okumuraosaka: 暴行・脅迫が認定されず無…