児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2014-04-27から1日間の記事一覧

アマゾンの配達予定

Google Now で逐一連絡してくれるんですよ。 商品として流通しているのは、プロが集まって性欲をそそるように作り上げているわけですが、それは刑法上のわいせつではなく、3項製造罪+性犯罪で起訴されているような事件は素人が固定カメラでやってて、肝心…

東京高裁が「直接的なわいせつ行為と,これを撮影,記録する行為は,共に被告人の性的欲求又はその関心を満足させるという点では共通するものの,社会的評価においては,前者はわいせつ行為そのものであるのに対し,後者が本来意味するところは撮影行為により児童ポルノを製造することにあるから,各行為の意味合いは全く異なるし,それぞれ別個の意思の発現としての行為であるというべきである。そうすると,両行為が被告人によって同時に行われていても,それぞれが性質を異にする行為であって,社会的に一体の行為とみるのは相当でない。」という

性的欲求を満たすために撮影する奴とか撮影そのもので興奮する奴もいるんでしょ。それは強制わいせつ罪の適用の際にも別個の行為としないと理屈が通りません。 住居侵入,強盗致傷,銃砲刀剣類所持等取締法違反,わいせつ略取,強制わいせつ,強制わいせつ未…

2014年04月27日のツイート

@okumuraosaka: 2014年7月4日(金)9:00-10:00あいさつ・基調講演(ロイトン札幌)10:00-17:00セッション(ロイトン札幌)・人身売買・子の性的搾取第5回ローエイシア家族法と子どもの権利に関する国際会議【プログラム】 URL2014-04-27 23:40:13 via Tweet…