児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-12-08から1日間の記事一覧

強制わいせつ罪の「制服を着用した女子高校生」という訴因について、「名前を知られたくないという被害者の気持ちは最大限に考慮すべきなので、匿名に同意した」「被害者の要望を踏まえたと思われ、理解はできるが、事件ごとに匿名、実名が分かれると、被告は戸惑う。謝罪や賠償の交渉も難しく、弁護活動に支障が出る。基準を明確にしてほしい」という弁護人のコメント

弁護人の意見としては、大阪高裁の判例を引っ張ってきて「そのために刑事裁判の出発点ともいうべき訴因の明示をあいまいなものにすることを許すわけにはいかない」でしょう。 兇器準備集合、暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件 大阪高裁昭和50年8月…

2013年12月08日のツイート

@okumuraosaka: 抜け毛で作ってみた(・∀・) |有益なつぶやきさんのついっぷるトレンド画像 URL #twitr2013-12-08 23:55:54 via Tweet Button @okumuraosaka: 18位 海外のチュッパチャップスの広告? #twitr URL2013-12-08 23:54:51 via ついっぷる @okumurao…