児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-11-04から1日間の記事一覧

事件の依頼者(被害者)である原告が,被告は弁護士としての責務を放棄したなどと主張して,被告に対し,債務不履行又は不法行為に基づき慰謝料300万円の支払を求める事案(東京地裁H24.12.21)

電車内痴漢行為の被害者代理人に対する「被告の債務不履行又は弁護過誤により,示談の機会を失い,精神的苦痛を受けた。原告の慰謝料は,300万円が相当である。」という主張です。 損害賠償請求事件 東京地方裁判所平成24年12月21日民事第34部判…

2013年11月04日のツイート

@okumuraosaka: どうせ執行猶予だって知ってるので仕入れ先は黙秘する。。。 無修正のわいせつDVD19万枚 ミナミの販売店4店を摘発 大阪府警 - MSN産経ニュース URL2013-11-04 22:15:38 via Tweet Button @okumuraosaka: コピー複合機、データ丸見えも 対策…