児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-07-11から1日間の記事一覧

青少年わいせつ罪(名古屋高裁H25.7.9)

1対1の事件だと、被害者の供述と被告人の供述の信用性の比較で決まってしまいがちです。 ところで、三重県条例は 三重県青少年健全育成条例 (いん行又はわいせつな行為等の禁止) 第23条 1 何人も、青少年に対し、いん行(青少年を威迫し、欺き、又は困…

ヒマワリは410cm程度で開花↑→