児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2013-06-07から1日間の記事一覧

「医師として,予防接種の診察を行い,その診察行為の一環として,各被害女児の着衣をずらして乳房を露出させた際,各被害女児及びその親権者の同意を得ることなく,自動車の鍵のように見せかけて机上に設置した小型カメラで,乳房を露出した状態の場面」を3号ポルノとした事例(広島高裁H23.6.26)

そういう医療行為の場面もあるし、医学写真としてそんな写真もあると思うのですが。「性欲を興奮させ又は刺激するもの」だと認定されています。 広島高裁H23.6.26 本件控訴の趣意は,主任弁護人福永宏及び弁護人福永孝連名作成の控訴趣意書に記載されている…

児童養護施設職員による児童淫行罪1罪につき懲役2年(実刑)とした事例(栃木支部H25.6.5)

〜10/17淫行 11/ 110番通報で、家族が警察に相談 1/24 逮捕 2/中旬 起訴 5/23 求刑懲役3年 6/5 判決(懲役2年実刑) 6/5 被告人控訴 という日程なので、4月に初公判、2回目で論告弁論、3回目で判決という進行か。 定石としては控訴申立は控訴期間最終日…