児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

2006-01-10から1日間の記事一覧

拘置中の容疑者・被告、弁護人との電話接見容認へ

相手がわからないのはお互い様。 相手が本当に被疑者被告人なのかという確認は監獄の人に任せるしかないですね。 使い勝手など、聞いてみたいですね。 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060110it01.htm 電話接見では、相手が本当に弁護人か確認する…

日弁連から日比谷公園↑→

児童福祉法違反被告事件(東京高裁H18.1.10)

「量刑不当」でのみ破棄されました。 児童福祉法違反(淫行させる行為)は破棄減刑されても重いです。 理屈としては、地裁事件の控訴審裁判所(東京高裁H17.12.26)とは、示し合わせたような、矛盾しない内容でした。 池本判事「児童の性的虐待と刑事法」判例…

<長崎施設火災>「虚報かも」消防出動遅れる 2分以上ロス

119番って、誤報とか虚報とか多いんですよね。西天満界隈でも。 でも、とりあえずの部隊(第一出場隊)が先行して、水利確保しもって確認して、火災なしなら引き上げるという体制のようです。 「ほんとに火事ですか?」って聞かれてもなあ、火事なのに。 …

慰謝の措置

自白事件の実刑判決(国選弁護人)で 被害児童に対して、何の慰謝の措置も講じていない・・・ って書いてありました。 示談するお金がなくても、お詫びの手紙くらい書きましょう。 奥村弁護士に騙されたと思ってでもやってほしい って言ってるんですがね。